• 韓国語の翻訳

    独学でも挑戦できる韓国語の翻訳の特徴

    韓国語の翻訳をする際に、映像翻訳者というものがある事を知っておいてください。その方法には、 4つの種類があります。一つ目は、韓国語翻訳学校へ通うと言った方法です。翻訳学校と、 翻訳会社が、開講している、映像翻訳の講座は、豊富にあるのです。通学や通信講座といった自分の、 生活に合わせて、中国語の映像翻訳について、学ぶ事が可能となっているのです。

    更に、講座が終わったあと、トライアルを受け、翻訳者のネットワークや、翻訳会社に登録出来る 可能性もあるのです。二つ目は、配給会社や、制作会社、テレビ局、CS局、翻訳会社に就職している 日本語版制作には、翻訳のみでなく様々な仕事があるということを覚えておいて損はないと思います。 現場で仕事を覚えながら、仕事のチャンスを取得することが可能となっているのです。

    三つ目は、翻訳者に弟子入りをすると言った方法があります。ベテランの韓国語の翻訳者の下で仕事を 覚えていく方法です。仕事の手順のみでなく、クライアントとの接し方など、学べる事が沢山あるのです。 新人の状態では、そこまで多くチャンスがある訳ではない、劇場翻訳の現場などの体感も出来るのですが、 韓国語のベテラン翻訳者は現在少ないので、中々難しいのではないでしょうか。

    翻訳
メインコンテンツ

独学でトライアルに挑戦


四つ目は、独学で学んで、トライアルに挑戦するといった方法です。
世間では、映像翻訳の歴史、映像翻訳の 演習本、更にエッセイなど、韓国語の映像翻訳を学ぶ際に役立つ本が豊富にあるのです。
更に、DVDやビデオなどを使用し、書き写したりなど、自分で翻訳しながら学ぶ事が、 とても大切になるのです。 そういった下積みをした後に、制作会社や、翻訳会社のトライアルを受験し、 登録しましょう。ただ登録したからといっていきなり仕事がもらえるわけではありません。初めは なかなか仕事をもらえないでしょう。しかしもらえたものをしっかりこなす事で評価があがり、仕事量が 増えていくのです。

韓国語の翻訳について、ここで紹介して来ましたが、実際に現在、韓国への旅行者、韓国から 流通してくる商品も増えたので、
.これから需要が増えていくのではないのでしょうか。
更に、 そういった事の他に、韓国のドラマなども、お昼のTVなどで放送されているので、 その際の字幕の翻訳や、
音声と言った面でも、とても需要が高いものだと分かるでしょう。

更に、現場で仕事を覚える方法があると、紹介したと思います。仕事のチャンスは、 本当に様々な方法で手にする事が 可能なのです。依頼さえ受けれるようになれば、これからの 翻訳の業務に役立つということですね。 このように一度顧客をつけ、実績を残せば、安定した職業とも言えるのが翻訳家なのです。ただしこれも当然のことながら、 ミスをしてしまい、お客様に迷惑を一度でもかけてしまうと、逆に信用を取り戻すのが非常にむつかしいくもあります。 自営業で翻訳家をしているのであれば、これはかなり致命的と言えるでしょう。