• タイ語の翻訳に必要な能力

    タイ語の翻訳に必要なのはPCスキル

    一番に必要なのは、対語の読解力が必要になります。
    日常会話のレベルを超える複雑な構文の対語を 日本語に翻訳する力と、翻訳では、通訳と異なっていて辞書を使用する事が可能なのですが、ハードな レベルの翻訳を行うのであれば、大体の部分は辞書を使用せずに、理解し、細部の確認だけで辞書を 使用するのがいいでしょう。更に言うならば、辞書は訳後を決める際の使用がベストです。

    次に必要となるのが、日本語の表現力です。複雑な構文のタイ語を人々に分かりやすい日本語で、 表現する力の事です。産業翻訳を前提に行うのであれば、美しい日本語よりも、1度読んでスムーズに 意味が分かる日本語が好まれるのですが、現代の日本での国語教育で、こういった教育がないので、 この点に問題が生じている翻訳者が多くいる事を、覚えておきましょう。

    次に必要な能力は、パソコンのスキルです。その作業は、原稿のレイアウトを可能な限り、反映した 美しい翻訳が終わったファイルを納品する際に、必要となる力の事です。フォントの種類とサイズなどを 正しく整える美的感覚も必要となってくるでしょう。使用する方法によって、こういった点は必要と ならない事もありますが、使用目的は、依頼された時に明確となっていない事が多くあるので、 レイアウトを扱うことになれましょう。

    翻訳
メインコンテンツ

勉強し知識を蓄える分野



更に、もっとも必要となる能力は、専門知識でしょう。
頻繁に翻訳を行う分野での知識がある事が好ましいです。 例えば、監査報告書の文言に関しては、一文字一句間違えてずに、
記憶する事が会計関係の、翻訳には とても大事になります。
ですが、勉強してリターンが少ないものもあるので、注意しましょう。
そのような事から、勉強し知識を蓄える分野を厳選した方がいいということが分かりますね。

ここでは、タイ語に必要な能力について、紹介しましたが、タイ語の翻訳は難しく、 私たちがしている日常会話の日本語よりも、
より高度なものが大切であるということが 理解していただけたかと思います。
そしてどの言語にも必要なものになりますが、 表現力が大切になります。翻訳する際に、その元の言語の意味や、意思を殺してしまっては 翻訳の意味がなくなるのです。

なので、そのような表現力がとても 大切になっているということを説明したと思います。パソ コンを扱う際の事も紹介したと思いますが、 そのような事は、家で翻訳を行い、書類をパソコンで送信する 際の話しなので そこまでネックにしなくてもよいでしょう。翻訳家の現状はほと んどは家で行う方ですので、パソコン知識もある程度は必要です。せめてブラインドタッチ程度の技能は 必須になります。