• 翻訳者に必要な能力

    必要な能力について知りましょう

    翻訳者になる際に、とても大切な能力があることを覚えておいてください。まず最初に必要となるのは、 英語力というものです。英語を正しく読み翻訳する力です。英語の文法や構文に従って英文を翻訳し、 正確に理解が出来ていないのであれば、英文の意味の翻訳は不可能です。 翻訳者は、通常TOEICなどで900点代のスコアを出します。実際英語がすきで翻訳の道に進んだ人も多くいます。

    更に、次に必要となるのが、日本語力です。アウトプットとしての、日本語の表現力が大切になります。 翻訳の最終成果物の資質を、判断されるとても大切な要素となっています。プロの翻訳者でないとしても、 日本人ならば日本語は常に使用しているので、問題ないと思われる方がいると思います。 ですが、翻訳者は日常から、翻訳の成果物として、日本語の文章を作成するといった業務を行っているのです。

    成果物のみを見れば、新聞記者や雑誌ライターといった人の日本語文章と同様の業務をこなしています。 そのような分野で、日々経験を積んでいる訳ですね。日本語の文章を通常通りに書けというのと、 プロの文章を書けと言われるのでは、とても大きな違いがあるでしょう。その意味で実際、この日本語力が 翻訳者のスキルでとても需要があると言われています。

    翻訳
メインコンテンツ

翻訳する目的



最後に必要になるのは、専門知識です。そもそも翻訳する目的とは何なのでしょうか?
製品を購入してもらった 客に製品の情報を正確に伝える為かもしれません、または、商品を買いたいと思っている人に素晴らしい物 だからとゴリ押ししているのかもしれません。

どちらにしても、皆様の商売でとても大切となるので、 わざわざ費用と時間をかけ翻訳するのです。
限られた費用で最大限の結果をうまなければなりません。

ここでは、英語の翻訳者の必要な能力について紹介いたしましたが、
実際には、英語以外の翻訳者も いるのです。ですので、様々な言語言語で、必要な能力が変わってきます。
ですが、英語の翻訳と 同様に、先に述べた、文法や構文に従い、文章を翻訳し性格に理解する事が大切になるのです。

そのような異なった言語であったとしても、やはり日本語力が必要になるのです。様々な言語には、 言語言語の特徴があるので、そういった事もきちんと理解しておかなければなりません。
そして、 最後には、やはり専門知識が必要になるのです。目的を考えた上で翻訳す る必要があります。英語や翻訳するその言語だけができれば翻訳もできる、と思うのは甘すぎるのです。

翻訳する目的