• 翻訳の勉強方法

    勉強する方法にはOJTを重点的に

    翻訳の勉強方法について、紹介して行きます。細かにテクニックなどは、関連本を利用するとして、 勉強していく上で大切な物を紹介して、いきたいと思います。勉強の手順は独学や、通信、通学、 OJTといった色々な物がありますが、
    それぞれの立場で、参考にして頂ければ幸いです。最初に辞書と 友達になる必要があります。どのような素晴らしい翻訳でも文法の知識に基づいた構文の正しい 理解がなければなりません。

    翻訳の勉強を、始めた時に多いパターンなのですが、原文に構文的に、理解不能な所があったとしても、 単語レベルでは、把握出来ているので、本人が理解できる範囲で筋道が通るように、 訳文を仕上げてしまう人がいるのです。ですがこういった事には、危険が伴ってくるのです。 自分が得意な文法であるなら、こういった方法でも、どことなく違っている感じがすると思いますが、 得意でない分野であればあらぬ方向へいってしまうのです。

    翻訳を開始する際には、最初に翻訳対象となる英文を構文面から、説明できるか確認しなければなりません。 更に、疑問点を解消する為には、文法知識というものが必要になるのですが、大体が難しい文法書が多く あるので、最初から読んで、理解出来ないと悩む必要はありません。ですが、実際に読んで理解していれば、 伸び早いでしょうけどね。

    翻訳
メインコンテンツ

辞書を100%活用



まず、あなたの辞書を100%活用しましょう。
学習専用の辞書ならば、文法事項が説明されているのです。
大丈夫だと思い込んでいる単語でも、予想外の使用方法や、意味があったりするのです。 疑問が解消されたのであれば、始めて翻訳にとりかかれるのです。 こうなってしまうと、多少なりとも致命的な誤訳を避ける事が難しくなるでしょう。

翻訳には様々な勉強方法がある事を、ここで理解して頂けたと思います。ですが、実際に単語で 理解している場合、
本人が「出来る。理解している。」と感違いして、
間違った文法を 作成してしまうと言った注意点について紹介したと思います。
実際に英語の文法というものは、 日本語に翻訳するのは、多少難しいでしょう。

ですが、英語の他にも、とても豊富な言語があるので、 英語だけにとらわれずに様々な、言語の翻訳の方法や、
文法について学んでおけばこれから役に 立つことが出てくると思います。
更に、そういった事により、仕事の幅 も 大きく広がるのではないでしょうか。もちろん一つの言語にこだわることを否定しているわけではありませんが、 このような考えもあるということです。この辺りを理解していないと、いつまでたっても翻訳家の見習い程度なのです。

辞書を100%活用