• 英語の翻訳方法

    英語の翻訳方法には表現力が大切

    より良質な日本語を覚える事が、英語の翻訳にはとても大切になってくるのです。ですが、文法の知識が あるからといって、素敵な訳が絶対に出来る訳ではないという事が、翻訳の難点でしょう。少し振り返って、 中学生の時の英語の授業を思い出しましょう。There are two apples on the table.という文法ですが、 「テーブルの上に2個のりんごがあります。」と教えらませんでしたか?

    先に述べた、りんごの英文ですが、通常ならば「りんごが2個あります」といった文章になると思います。 こういった数と名詞の関係といった物が、英語と日本語では大きく異なっているのです。 こういったように我々は、初期の英語学習時に、徹底的に教えてもらったおかげで、自然な日本語の 表現からずれてしまったという傾向があります。

    中学校で、受身形を始めて、訳した際に、違和感を感じた人はいると思います。日本語での表現力を 向上する際に、大切になるのは、こういった違和感をきちんと覚えておくことです。 更に、実務翻訳の特徴として、ネット上の広告などから、製品の説明書、学術レポート、契約書、 特許といった物で求められる、日本語の文体は沢山のものがあるでしょう。

    翻訳
メインコンテンツ

多種他様な日本語


そういった物を理解するためには、新聞や雑誌といったものから、多種他様な日本語を覚えて、
自分の中で、日本語の種類を増やしていく事が、とても大切になるということを覚えておきましょう。
更に、良質な日本語に多く触れていけば、自然な日本語の流れが分かるようになるのです。
なので、作成した訳文を声に出して読む事により、不自然な点が分かるようになるのです。 音読まで行っている人はあまりいませんが、これを行っている翻訳者達の翻訳の質が高いのは この音読でのチェック方法があるからです。


英語の翻訳の方法について紹介したましたが、実際に日本語と同様で、英語もとても奥が深いもので、
更にはニュアンスで様々な使用方法があるのですが、最初に翻訳を学ぶ際には、 英語から入る人が多く居ます。
なので、実際に英語の翻訳者は、とても多く勤務していて、 多少競争率が高いものとなっているかもしれません。
何をするにしても、良質な日本語、 自然な流れの日本語を理解してなければ、このような翻訳では役に立たないでしょう。

多種多様な日本語を覚える事が大切だと、先に述べましたが、本当に様々な言語の場合であっても、
我々日本人には、日本語の翻訳が大本となるので、きちんと覚えておかなければなら ないと いうことになりますね。
翻訳する言語だけできればよい、と勘違いしている志望者も いますが、その考えは正す必要があります。単に言語を理解していればできる仕事内容ではないのが 翻訳なのです。常に新しいことを記憶し、新しい知識を身に着けていく意欲と努力がないと無理なのです。