• 中国語に文法はあるのか

    広がる中国語の文法についての誤解

    中国語には、文法がないという勘違いをしている人がいます。
    書いてある文章を別の人が読んだりして、 意味を受け止める際には、その間を渡す「きまり」が必要になるのです。そういった事を把握しなければ、 言葉を伝える事は出来ないでしょう。翻訳という物は、絡み合った糸をそういった「きまり」に 従い細く心に解く様な作業となっているのです。

    ですが、絶対に「感性」と「慣れ」に頼って出来るものではないです。それには、翻訳者はこのような事を いつも、意識している訳ではないのですが、必要となれば、自分の理解について、合理的な説明が可能に なる程度の文法力があったほうがいいでしょうね。そのような文法力がないのであれば、絶対に壁に ぶつかってしまうでしょう。

    なので、翻訳者を夢見て、現在頑張っているのであれば、まず最初に、文法と語法を、きちんと見につける 必要があるのです。自分の水準に適した、文法の参考書を何冊か購入し、何回か繰り返して読む事が 大切になるのではないでしょうか。もしあなたの記憶力の中で、可能であるのなら、例文といった物も、 全て覚えると更に効果的なのではないでしょうか。

    翻訳
メインコンテンツ

小説が3日程度で読めるようになる



更に、多読について、自分の好みの物を購入しましょう。
最終的には200から300ページ程度で理解できない 小説が3
日程度で読めるようになることを目標にしてください。


豊富に読めば自然に知識も増えて いくでしょう。だんだんと勘が体に備え付けられていきます。様々な中国語の学習雑誌といった物の対訳を 参考にするといいと思います。


中国語の文法について紹介しましたが、とても難しく、「これだからこうなる」といった勘で 行えない翻訳だということが、よく分かったかと思います。説明が不可能な文法だとしても、 本屋などの店頭にならんでいる翻訳専用の、雑誌や本などを資料に乗っている文章を元に、 どのような応用が出来るのか、勉強しておかなければなりません。

そして、中国語の需要は、 今現在上がってきているでしょう。
様々なブームがありますよね。その中で今、海外の映画の 吹き替えや、字幕の翻訳があるので、そのような 場合には、とても役に立つ中国語の翻訳と なっているのではないでしょうか。中国は映画だけではなく、ビジネスでも広がりを今後も見せていくことが わかっていますので、今後の発展分野として押さえておきたい言語です。中国語と英語ができる、というだけでかなり幅が 広がります。

小説が3日程度で読めるようになる