• フランス語翻訳の知識があっても需要は期待できない

    フランス語の翻訳の仕事をしている私ですが他の仕事と併用し、フランス語の翻訳 を行っていますが、 仕事の量がかなり少ないです。忘れたころに 依頼が来るのです。仕事というより趣味的な感じになってしまっています。英 語と比較してフランス語の仕事単価は割高ですが、 仕事の依頼の量が少ないので、そこまで期待できません。

    ですが、大都会であるのなら、もしかしたらフランス語の翻訳一本で食べていける可能性があります。
    私の場合、たまたま依頼を引き受けているうちに、少しずつと言った感じで、エージェントも一社のみ となっているので、他の仕事の邪魔にならない程度に、少しずつといったペースを変えるつもりはないので、 仕事量が増えないのかもしれません。そういった面を見れば、バリバリと依頼を受けれるように、 フランス語翻訳を本業にしている方と比べて、私は多少劣っているのかもしれません。

    ですが、その翻訳で生計を立てるのはかなりの営業努力が必要です。その時に得意分野を持っているとかなり大きな強みになるのです。また、英語や複数の言語の仕事を行えるようにするというのもよいです。私の場合は、依頼があればなんでも引き受けるので、とにかく多種多様と なっています。

    フランス語翻訳の仕事依頼
    翻訳
メインコンテンツ

全ての知識を見につけるのは不可能

 


テクニックが必要な物については、全ての知識を見につけるのは不可能なので、その都度、資料を探す方法を 行っています。前では、図書館や本屋に行っていましたが、現在はネットが普及したので、
そのような情報を 手に入れることが簡単になりました。私のように慌てふためかないためには、
日本語力とセンスが必要に なるのではないのでしょうか。原文を反映する日本語力があり、更に、
誰に向けて書かれたものかということを考えた上で、構成していかなければならないでしょう。
 

ここでは、フランス語の翻訳の業務について、紹介してきました。
フランス語の翻訳の仕事の量は、 とても減少しているようですね。それはこれから、フランス語の翻訳を目指す人には、
苦しい現実かもしれませんね。ですが、実際にそのフランス語翻訳で生計を立てている人もいるので、
そこまで暗くならないでください。
実際に、生計を立てるには、きちんとした経験と 知識をつけた上で、営業力を磨いていくのです。
依頼があるのであれば、あなたの生計は 立てられるのではないでしょうか。 実力もそうですが、この世界は信頼、というものも非常に大きくものを言いますので一旦信頼が落ちると失業しかねません。

全ての知識を見につけるのは不可能