• ドイツ語の翻訳の需要

    人数が少なくドイツ語翻訳の需要は低い

    ドイツ語の翻訳は、ドイツ語を使用できる国が少ないので、昔から需要もあまり ありません。
    比べるのであれば、フランス語とスペイン語が比較しやすくなります。さらに、ドイ ツ人は英語が話せる人が多いというのもあり、よぽど高度な翻訳でないのであれば、翻訳を頼む事はないでしょう。会 社で翻訳を頼む事があったとしても、大体現地の人が終わらせてしまうのです。

    なので、翻訳を頼む事が少ないのです。私の ドイツの支社にも、翻訳承りますといったセールスの 電話があったのですが、現実で非常に需要が高まって いるとは言えません。ここ数年、ドイツの 景気が悪くないので、ドイツ語の学習をする人が増えた という報道もありました。このように ドイツの景気の動向は微妙な所といえるのではないでしょうか。

    ドイツの景気が上がるということは、実際に翻訳を頼む事がなくなると言うことです。それは、 会社で削れる経費を全て削ってしまう思考になるからです。翻訳機の制度も上がってきているので、 ドイツ語の翻訳者の需要は薄れているのかもしれません。なので、翻訳者を目指すのであれば、 特殊な分野に特化されているものを、目指したほうがいいのではないのでしょうか。

    翻訳
メインコンテンツ

キャリアを積む期間



翻訳家は、世界でも好評となっていると口コミがあると思うので、技術面のみではなく、
キャリアを 積む期間といった物も、計算にいれておかなければならないと思います。例えば、英語の通訳で高度な 物があるのであれば、逆にドイツ語まで取得しなくてもいいのかもしれません。
専門性が上がれば上がるほど、 ドイツ語の翻訳より、アメリカ語の翻訳の法が需要があがってくると思います。


ここでは、ドイツ語の翻訳について紹介して来ましたが、ドイツ語は使用可能な国が、
制限されている事をここを見て理解して頂けたかと思いますが、多少孤立しているように 感じますよね。

そういった背景から、ドイツの人は大体の事を、自分で行っているようです。
そしてドイツ語の勉強をする人が増えたと書きましたが、その勉強の理由は、 きっとドイツに移住を考えていたり、ドイツに旅行したりの為の勉強なのではないでしょうか。

ドイツ語の翻訳家になる人はそこまで居ないのかもしれませんが、 人とは違った分野で必要とされたい、
ドイツ語が好きだという理由があるのであれば、 挑戦しても良いかも知れませんね。苦労ももちろん他分野と比べれば多きもしれませ河、 成功した時の喜びも他分野より大きいと言えるでしょう。どの言語かによって、得意、不得意というのが人にはありますので、チャレンジする 価値はあると思います。間違いないのは英語ですが、中国や韓国語はニーズが高まってきています。